禁止事項を確認する

オフィス

管理会社と友好関係を築く

法人がマンションの一室などをオフィスとして利用することは最近とても増えてきています。このような賃貸法人契約を結ぶ場合、いくつか注意しなくてはなりません。まず、賃貸法人契約の内容をしっかり確認しましょう。その中には禁止事項もいくつかあるはずです。禁止されていることを行ってしまうと、即退居になってしまうこともあります。周りにも悪いイメージを与えてしまうことでしょう。そんなことがないようにするためにも、賃貸法人契約は隅々までチェックしてから契約することをおすすめします。それから、管理会社とは友好関係を築くことが大事です。賃貸法人契約は個人契約とは違った形で周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。日頃から管理会社や近隣に対しては良い態度を取っておいた方が無難です。イメージが悪いと、それだけで近隣トラブルになってしまうこともあるからです。個人というよりも会社のイメージが悪くなってしまうと、会社及び商品に対する世間のイメージ低下にも繋がってしまいます。周囲とはトラブルがないように友好的に接することをおすすめします。あとは賃料の滞納がないようにすることも大事です。賃料が滞ってしまうとそれだけでもイメージが悪くなってしまいます。また、共有スペースもあることでしょう。個人の住宅として利用している人も周りに居るかもしれません。共有スペースで出会った時などはきちんと挨拶を交わすようにしましょう。最低限のマナーが必要です。