内装済みの物件探し

複数の人

手頃な物件を見つけるコツ

大手企業が移転先を探す時には、内装にもこだわる傾向が強いためにスケルトン物件を選びますが、中小企業の間では内装済みの貸事務所が評判です。すでに内装工事が完了している貸事務所であれば、机や椅子などを持ち込むとすぐに業務を開始できるので、早期に本社を移転したいと考えている企業にも最適です。カーペットやクロスの貼り替えが完了している貸事務所は数多くありますが、とりわけ注目されているのは間仕切り造作が設置済みの物件です。間仕切りまで完了している物件であれば、すぐに会議や商談用のスペースも確保できるので、移転後は社員も快適な環境で働けるでしょう。使いやすい内装済みの貸事務所を探したい場合に便利なのは、間仕切りが完了しているセットアップオフィス物件を紹介してくれる不動産会社です。特に外部募集をしていない未公開物件がメインの不動産会社に相談すると、お洒落で使い心地が良い貸事務所もスムーズに探せるでしょう。また間仕切りで複数の部屋に分割されているオフィスは、相場よりも賃料が割高ですが、サポートが手厚い業者は格安物件を紹介してくれるので安心です。築40年以上のオフィスビルであれば、坪当たりの賃料が1万円程度の物件も豊富であり、形状が細長い貸事務所は更に割安です。細長い形状のオフィスであっても創意工夫で使いやすくすることが可能であり、賃料の安さを重視している企業の間では好評です。建物の築年数にこだわらずに、格安な物件を探している会社経営者が注目しているのは、トイレなどのリニューアルが完了したオフィスビルです。